スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わんわんわわん!↓ポチっとしてくれるとうれしいのよね

にほんブログ村 住まいブログ コーポラティブ住宅へ


住宅ローンの契約 

昨日は、区役所(出張所)に異動届けと、ついでに免許証の住所変更、そしてついに住宅ローンの契約に行ってきました。

異動届けは同じ区内の引越しなのでとても簡単なのですが、「アパート名称など」という欄に建物名称を記入したところ、住民票には建物名称が記載されず、とてもガッカリ。

免許証の住所変更はいつでも良いのですが、一番先に済ませておかないと後で他の住所変更(免許証を提示)の時に不便なので、行っておくことにしました。

銀行ではコーディネーターさんと司法書士の方に同席いただき、何が何だかわからなくなるくらいの量の書類に住所の記載・署名・捺印。
おかげですっかり新住所も覚えられました。

そして何が何だかわからないうちに、手続き終了。

さて、26日にはついにローンが執行されます。
毎月の引き落とし日は1日に指定したのですが、一番はじめの引き落としは5月1日になるそうです。
もう今の家賃は既に3月分まで支払ってあるので、支払いがかぶるどころか1ヶ月間が空くようでホッとしています。

スポンサーサイト

わんわんわわん!↓ポチっとしてくれるとうれしいのよね

にほんブログ村 住まいブログ コーポラティブ住宅へ


銀行からの在籍確認 

ごまのて(妻)です。

本日午前中、銀行の住宅ローン担当の人から自宅に電話がかかってきました。

直接銀行の人と話をするのは初めてなので、何を聞かれるんだろうとドキドキしました。
何か言っちゃいけないことを言ってしまって審査がだめになったらどうしようとか、変な心配をしてしまいました。

何やら「今の仕事を始めて(自営業になって)何年ですか」とか、「基本的には自宅で仕事されてるんですか」とか、仕事について質問され、

「基本的に午前中は自宅で仕事をしていますが、午後は以前勤めていた会社に行って常駐しています。」と答えたところ、あー、そうなんですね!と全てが解決したようなリアクションをされました。

どうやら先日の午後、自宅に担当の係の人から在籍確認の電話が入ったそうなのです。
でも私が留守だったので、確認できないことになってしまっていたんだとか。

す、すみません。。。

でもフリーランスなのに、在籍も何もないと思うんですよね。
籍がないからフリーランスなのでは。。。
それに一人で仕事をしているのだから留守にすることがあるのは当たり前じゃないですか。

でもとりあえず誤解(?)が解けて良かったです。
あと30分遅かったら、私また留守にしてしまうところでした。


一方、夫の方は至急で在籍証明書を提出するように言われていて、今週の始めに会社に申請をしていました。

決められた用紙に社名と社印を押してもらうだけなのですが、たったそれだけでも会社の組織が大きいので時間がかかってしまうのです。
そして今日、やっと書類が戻ってきたのですが、コーディネーターさんのところには銀行の方から催促が入ったようで、至急ご手配くださいとメールが来たため、直接私が持っていくことになりました。

何とか諸々間に合ったようで、本審査の承認も下り、予め予約していた通り、17日に契約に行くことになりました。

いろいろ危なかった感じですが、これでひと安心。ホッとしました。

わんわんわわん!↓ポチっとしてくれるとうれしいのよね

にほんブログ村 住まいブログ コーポラティブ住宅へ


自営業者の住宅ローン 

ごまのて(妻)です。

住宅ローンのことについて、改めて書いておきたいと思います。

私は3年前から個人事業主(自営業者)として確定申告していますが、全く節税対策というものをしていませんでした。

節税と言えば、経費としてみなされないものを経費として計上したりすることだと思うんですが(他にもあるのでしょうか?認識が間違っていたらご指摘ください)自分で言うのも変ですが、私は根が真面目な性格で、嘘をつくのが苦手なもので、たとえば駅に自動改札が導入される前でもキセル乗車はしたことがないくらいで、私にとっては経費じゃないものを経費にするなんてとんでもないことです。

正直者は損をすると言いますが、やましいことをして不安でいるよりは、損したって安心できる方を取る性格です。
それでいて面倒くさがり屋なので小細工みたいなことができません。

初めて確定申告をしたときは勝手がわからなかったので節税どころじゃなかったのですが、翌年からはもっと節税を頑張った方が良いのかなと思ったこともありました。
個人事業主向けの本にも書いてありました。「領収書は額面10%の金券なのだ。」と。
そんなこと言われたら、誰だって節税したくなってしまう。

でも初めて住宅ローンの仮審査を受けたときは、その初年度の確定申告書しかなく、それで収入合算の仮審査に出してもらいました。
そのときに、自営業者は年収がいくらあっても経費を差し引いた所得金額でしか審査をしてもらえないという事実を知りました。

コーディネーターさん曰く、自営業の人は年収が1000万円あったとしても、所得が0円という人もけっこういるようで、そういう人はそれだけで住宅ローンは諦めなくてはいけないんだとか。
どんなにコーポラに申し込みたくても申し込めないのです。
確かに、旦那さんが年収1000万円だったら奥さんも正社員でガンガン働く必要ないから、奥さんでも審査は通らないですよね。

というわけで、「ああやっぱり正直に生きるべきなんだ」と悟り、もちろん翌年(2年目)も正直に申告。
その所得金額のせいで、去年は個人事業税までごっそりと取られました(泣)。

それでもめげずに、今年(3年目)も正直に申告。

だったらせめて青色申告にしたいと思いましたが、私はプライベートの口座と事業用の口座を一緒にしていて、夫婦での家計の管理もごちゃごちゃなので、それだとけっこうお手上げなのです。
面倒くさがり屋なので、やっぱり損をするのです。

でもよく考えたら来年は住宅ローン減税の恩恵をかなり受けられるではないですか!
青色申告しなくても、充分お得なのでは!?
(住宅ローン減税も青色申告も、ちゃんと理解しきれていないので、詳しいことは書けませんが。。。)

住宅ローンの審査も通り、住宅ローン減税の恩恵も受けられ、

あーーーーーーホントに、「正直に」生きていて良かったと思いました。

今後住宅購入を考えている自営業者の方は、安易に節税なんてせずに、とりあえず正直に申告しましょう。

わんわんわわん!↓ポチっとしてくれるとうれしいのよね

にほんブログ村 住まいブログ コーポラティブ住宅へ


【住宅ローン】審査その後 

ごまのて(妻)です。

住宅ローン審査のその後ですが、

昨日も書いた通り、

自己資金からはじめに払ってしまおうとしていた銀行への保証料を、金利にプラス0.2%上乗せすることで払ったことにする方法で、ギリギリ物件費用と同じくらいまで借入額を下げ、もう一度審査に出して交渉していただいたところ、

何とか審査に通ったようです!!

ホッとしました~

もう少しでこの2年間が無駄になるところでした。(イヤー!!泣)

わんわんわわん!↓ポチっとしてくれるとうれしいのよね

にほんブログ村 住まいブログ コーポラティブ住宅へ


【住宅ローン】事前審査でピンチ! 

ごまのて(妻)です。

先日、ローンの支払額が下がったというお気楽な日記を書いていたのですが、

本日、コーディネーターさんからお電話があり、

何やら深刻そうな口調だったので、
もしや…まさか…と思ったのですが、

結論から言うと、事前審査に通らなかったそうなのです。

えーーー!
不安ではありましたが、前は一度通っているので(別の銀行でしたが)、大丈夫でしょうという感じだったのです。
私が自営業だし、ペアローンにしたから厳しくなったのでしょうか。
それとも収入合算だったとしてもNGだったのでしょうか。

審査は以前より厳しい状況になっているとのことなのですが、確かにこのご時世、私もローンを支払っていけるのか不安ではあります。
銀行の気持ちもわからなくはありません。

コーディネーターさんから交渉していただいた結果、当初設定されていたオプション金額を含めない物件費用と同額までは上限としてOKになりそうとのことでした。

なので、コーディネーターさんからのご提案で、自己資金からはじめに払ってしまおうとしていた銀行への保証料を、金利にプラス0.2%上乗せすることで払ったことにする方法に変更すると、ギリギリ物件費用と同じくらいまで借入額を下げられるようで、その形でもう一度審査に出していただくことになりました。

あーー調整できる余裕があって良かったよ。

ここに来て、このタイミングで、こんなピンチが訪れるとは思ってもみませんでした。

電話を受けた時は特に驚きもせず冷静だったのですが、今、「新居に住めなくなる」ことをうっかり想像してしまい、青ざめました。それはあり得ません。

とりあえず明日また結果をご連絡いただけるようなので、信じて待つことにします。

わんわんわわん!↓ポチっとしてくれるとうれしいのよね

にほんブログ村 住まいブログ コーポラティブ住宅へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。