FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わんわんわわん!↓ポチっとしてくれるとうれしいのよね

にほんブログ村 住まいブログ コーポラティブ住宅へ


配線ごちゃごちゃ・・・その後 

ごまのて(夫)です。

昨晩夜な夜な配線図を試行錯誤したワケですが、
いろいろと調べていくなかである程度要領はつかめてきました。

**********************************************************
①「映像/音声を出力する機材」⇒DVD/HDDプレーヤー、
J-COMチューナー、Wii
②「映像を入力する機材」⇒テレビ
③「音声を入力する機材」⇒AVアンプ(エンドはスピーカー/ウーハー)

①と②の接続は、「HDMI端子」or「D端子」or「アナログAV端子(黄)」
①と③の接続は、「HDMI端子」or「アナログAV端子(赤/白)」
**********************************************************
上記をもとに、それぞれの機材の背面を調べて該当端子の有無を確認し
必要なケーブルを壁に通してもらう、という感じですね。

先ほど、電気工事担当の方から連絡をもらい配線概念図について
確認を頂いたのですが、おおよその把握はしてもらえました。
但し、やはり「Wii」のD端子が厄介者で、あんまり使用することが
ないらしく、ケーブルの太さを確認されました。
(実はまだ我が家ではアナログ接続だったので太さまでは分かりませんでした)

最近、PS3やブルーレイなどには「HDMI」の端子が
標準で装備されております。テレビにも必ずといっていい程ついてます。
なのに、なぜWiiはあえて装備しなかったのか??

まあ、おおよその推測は立ちます。

PS3は、次世代DVDの「ブルーレイ」を搭載しています。
ブルーレイでは、HDMIでなければ転送できないコンテンツが
あります(例えばフルハイビジョンの映像など)。
そういう家電的な要素を考慮すると、HDMIは必須であるといえます。

一方で、Wiiは完全に「ゲーム専用機」という位置づけです。
また、任天堂は家電メーカーではないので、そういうAV機能の
高精度化には殆ど力をそそがないのだと思います。
(そのほうがコストを抑えられるというメリットもありますし)

でも、最近ではHDMIが主流になりつつあるので、どこかの
タイミングで装備されたほうがユーザ的にもいいと思うのですが。

と、いうわけでこの2日間で色々と「端子」の知識がつきましたw
仕事にはまったく活かせない知識ですが・・・

スポンサーサイト

わんわんわわん!↓ポチっとしてくれるとうれしいのよね

にほんブログ村 住まいブログ コーポラティブ住宅へ


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://houseplus.blog61.fc2.com/tb.php/137-85dc3ec5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。