スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わんわんわわん!↓ポチっとしてくれるとうれしいのよね

にほんブログ村 住まいブログ コーポラティブ住宅へ


地震が起きてみてわかったこと。 

ごまのて(妻)です。

この度の東北地方太平洋沖地震について、まずは被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

その日、私と夫は2時間歩いて帰宅しましたが、家の中は全く荒れておらず、ごま部屋(階段下)のごまちゃんも無事でした。

実際に地震が起きてみて、これやって良かったな、と思うことを書いておきます。
もちろん、被災地ではないので、今回の地震の東京での状況下において感じたことに留まりますが。


■造り付けの棚

キッチンの吊戸棚下のオープン棚(グラスなどを並べています)、
冷蔵庫上のオープン棚、
ごま部屋の上のオープン棚、
仕事部屋のオープン棚(ガチャレールの可動棚)
…全て造り付けですが、地震の被害は全くなく、もともと不安定な置物だけ倒れていたりはしたものの、物が落ちたりということは一切ありませんでした。

造り付けは費用がかかるので、後で好きな家具でも置けば良いかなとも思っていましたが、地震がきたときの揺れ方は全く違うのだと思います。
うちはキッチンだけ家具工事でしたが、他は建築工事。結局費用はあまりかかりませんでした。

多分、物が落ちたり家具がガタガタ揺れたりしたらごまちゃんも恐がるのかもしれませんが、度々起こる余震にもごまちゃんは全く恐がらず、のん気に過ごしています。


■床暖房(ガス)

うちはリビングに吹抜けがあるので、ほぼ必然的に床暖房を入れることにしましたが、
節電のためにエアコンを付けなくても、床暖があれば充分暖かいです。
寒い日でも、上着などを着れば充分。


■LEDの照明

我が家はスポットライトとキッチンの吊戸棚下の照明にLEDを使っています。
(スポットライトはこちらに書いている通り)
節電のために他の照明はなるべく使わずに、LEDだけを使うようにしています。
2階の仕事部屋のスポットライトも、方向を下(1階リビング)の方に向ければリビングはさらに明るくなります。


あとは、とにかくコーポラで良かったなと思います。

けんけんさんもブログに書かれていましたが、我がコーポラも管理組合のメーリングリストがあり、そこで他の皆さんと状況を共有できたのでとても心強かったです。

ちなみに、ちょっと不便かもと思ったのはタンクレスのトイレ。
停電になったら水が流せないので、バケツ1杯の水を勢いよく便器に流し込む、という方法で対応するのだそうです。
ただ、我が家の地域はたまたま輪番停電の対象地区に入っておらず、今のところ停電はなさそうだし、普段はとても使いやすいのですが。


ごまちゃん
ごまちゃん、のんきすぎ!

スポンサーサイト

わんわんわわん!↓ポチっとしてくれるとうれしいのよね

にほんブログ村 住まいブログ コーポラティブ住宅へ


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://houseplus.blog61.fc2.com/tb.php/211-b45052fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。